読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノートにメモ書き

自分が困ったことの解決方法をひたすらメモするブログ。口調が安定しない。まとめ→トップページの1番上

【Git・GitHub】Git・GitHubのコマンド

GitとGitHubのコマンドがよくわからなくなってきたのでまとめ。
私の適当な解釈で説明してあることもあるので、間違えていることがあればコメント等よろしくお願いします( ;∀;)

環境

OS Ubuntu16.04

gitコマンド

config
git config --global user.name "lablabkun"
git config --global user.email "mail@mail"

gitのアカウント設定を行う。
上は名前、下はメールアドレス。

init
git init

これをリポジトリにしたいフォルダ内で行うことで、バージョン管理ができるようになる

commit, add, status

まずコミットというのは、自分で作ったファイルなどをgitで管理できるようにすること。

  • add
git add ナントカ

これでコミットの対象となるファイルを選ぶ。全部のファイルを選びたいときは

git add .

にする。

  • status
git status

どれが選ばれているかを表示する。
(前回のコミットとの違いを表示?)

  • commit
git commit -m "コメント"

コミットする。コメント部分には、どこを変えたかなどを書く。

branch
git branch

すべてのブランチおよび、現在のブランチを表示する。

checkout
git checkout ブランチ名

ブランチを移動する。


GitHubコマンド

clone
git clone git@ナントカカントカ.git

GitHub上のリポジトリの内容を自分のパソコンに持ってくる。
(リポジトリ:ファイルやディレクトリの状態を記録する場所)

GitHubからフォルダとかファイルを自分のパソコンにコピーしたいなーなんてときに使う

remote
git remote add origin git@ナントカ.git

ローカルリポジトリとリモートリポジトリを紐づける
(ローカル:自分のパソコン内とか 
リモート:GitHubとか)

pull
git pull origin master

リモートとローカルの内容を混ぜる。

push
git push origin master

ローカルリポジトリをリモートリポジトリにコピーする。