ノートにメモ書き

自分が困ったことの解決方法をひたすらメモするブログ。口調が安定しない。まとめ→トップページの1番上

【PowerPoint】文字を下付き文字にするときのショートカットキー

便利なのでメモ

環境

PowerPoint 2016
OS等 32bit版Windows10
x64ベースプロセッサ

(2017年1月29日現在)


文字を下付き文字にするときのショートカットキー

  • [Ctrl]+[;]

文字を選択してからこれらを押すと、選択した部分が下付き文字になります。
文字を選択せずにこれらを押すと、一部が下付き文字になります。(ここら辺よくわからない…)

↓良ければクリックお願いします(*'ω'*)励みになります。

【Windows10】句読点とカンマ・ピリオドの変更をショートカットキー1つでできるようにする方法【画像あり】

句読点とカンマ・ピリオドを使い分けてる人も多いと思います。

設定を変更する時にいちいちプロパティを変更するのは面倒…
そんなあなたにキー1つで句読点とカンマ・ピリオドの設定を変更する方法を紹介します。

環境

OS Windows10
日本語入力ソフト IME

キー1つで句読点とカンマ・ピリオドを変更できるよう設定する方法(画像あり)

  • タスクバー(画面右下)の『あ』や『A』を右クリックする

f:id:lablabkun:20170128234606p:plain

  • メニューから『プロパティ』をクリックする

f:id:lablabkun:20170128234605p:plain:w350

  • 『詳細設定』をクリックする

f:id:lablabkun:20170128234603p:plain:w350

  • キー設定の『変更』をクリックする

f:id:lablabkun:20170128234602p:plain:w450

  • 使わないキーの名前(画像では“無変換”)の2列目(入力/変換済み文字なし)をクリックして、下の『変更』をクリックf:id:lablabkun:20170128234601p:plain:w400
  • 一覧から『句読点切替』をクリックし、『OK』をクリックする

f:id:lablabkun:20170128234600p:plain:w400

  • 残りのウィンドウすべて『OK』をクリック


これで設定したキーを押すことで句読点を変更することができるのですが、句読点の組み合わせは4つあります。
f:id:lablabkun:20170128234607p:plain

なので句読点を変更するときは

カンマ・ピリオド→句読点:設定したキーを1回押す
句読点→カンマ・ピリオド:設定したキーを3回押す

をする必要があります。

参考

プロパティから変更するのより断然便利ですね。
私も使ってます(-ω-)/

↓良ければクリックお願いします(*'ω'*)励みになります。