ノートにメモ書き

自分が困ったことの解決方法をひたすらメモするブログ。口調が安定しない。まとめ→トップページの1番上

色んなページへのリンク

今まで書いた記事をまとめました

続きを読む

Ubuntuのパソコン同士で通信する方法

Ubuntu同士のパソコンで通信する必要があったのでメモ。
簡単にいうとLANケーブルを差して、IPアドレスとかを設定しただけです(∩´∀`)∩

環境

・パソコン1
Thinkpad-x61, Ubuntu10.04
・パソコン2
Thinkpad-x220, Ubuntu16.04

方法

LANケーブルを両方のパソコンに差す

クロスケーブルじゃ通信できないと書いてあるサイトもありましたが、今回の環境ではストレートケーブルでも通信することができました。

元々のネットワークの設定をメモしておく

失敗したときのために、元々のネットワークの設定をメモしておきます。

IPアドレスサブネットマスク

IPアドレスサブネットマスク

ifconfig

コマンドを実行することで確認できます。

デフォルトゲートウェイ

デフォルトゲートウェイ

route -n

コマンドを実行することで確認できます。

DNSサーバ

DNSサーバは

cat /etc/resolv.conf

コマンドを実行することで確認できます。

ネットワークの設定を変更する

エディターで『/etc/network/interfaces』を開く

開くときは、『sudo』をつけることを忘れずに(/・ω・)/
エディターがわからない人は

sudo gedit  /etc/network/interfaces

で開けると思います。

変更するor書き加える

↑のを開けたら、

auto eth0
iface eth0 inet dhcp

という文があるか確認してください。

・上の文があった人
dhcp』のところを『static』に書き換えてください

・上の文がなかった人

auto eth0
iface eth0 inet static

を書き加えてください

さらに書き加える

ここまでの作業はパソコン1でもパソコン2でも行ってください
・パソコン1について
『iface eth0 inet static』の下に

address 192.168.2.100
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.2.1
dns-nameservers 192.168.2.1

を書き加えます。

・パソコン2について
『iface eth0 inet static』の下に

address 192.168.2.101
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.2.1
dns-nameservers 192.168.2.1

を書き加えます。
ipアドレスの最後のところを『101』にするのを忘れずに!

再起動する

両方のパソコンで

sudo reboot

を行います。
これでパソコン同士で通信できるようになっているはずです。