読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノートにメモ書き

自分が困ったことの解決方法をひたすらメモするブログ。口調が安定しない。まとめ→トップページの1番上 連絡先【dropsweetdropsky☆gmail.com】☆を@に

色んなページへのリンク

今まで書いた記事をまとめました

続きを読む

OpenRTM-aistを使用する上で参考になるページのまとめ

国立研究開発法人産業技術総合研究所が開発・配布しているRTミドルウエアであるOpenRTM-aistを使用する上で参考になるページを場合ごとにまとめました。

これからOpenRTM-aistを使いたいけど何をインストールすればいいかわからない…

既存のRTCのみを使いたい!

OpenRTM-aistを使用できるようになるまでの流れが書いてあります。

自分でRTCを作れるようになりたい!

ここのページの事前準備資料にインストールすべきものが書いてあります。
Linux版のインストール方法も説明してあります。
(ラズパイを使用しないのであればTeraTermBonjourはいらないと思います)

講習会のページなのでリンクが切れてしまうかもしれませんが、たいていの講習会のページに事前にインストールしておくものが記載されているのでそちらを参考にすれば大丈夫だと思います。(リンクが切れていたら教えてくださるとうれしいです…!)

Pythonをインストールする時には既存のRTCのみを使用のところのリンクを参考にすると、インストール時にPathが通せて便利。


RTCを作ってみたいけどどうしたらいいかわからない…

現在株式会社SUGAR SWEET ROBOTICS代表取締役をされている菅さんが作成された、OpenRTM-aistの使用方法やRTC作成の説明スライドです。
RTCの使い方、作成の基礎から応用までわかりやすく書いてあります。

ここのページの第2部テキストに入力された画像を反転したりするRTCの作成方法が書いてあります。
RTCを作成する上でOpenCVを使用しているため、独学で初めてRTCを作成する人には少し難しいかも?
画像を使用するRTCを作成する場合にすごく参考になります。


データポート等の構造体の中身を知りたい!

こちらに構造体の中の変数(勉強不足なため変な言い方をしていたらすみません…)について書いてあります。
データポートの型を選ぶときに便利。






見つけ次第どんどん書いていこうと思います!

【Raspberry Pi3 / Ubuntu】Wi-Fiに接続できなくなる問題

最近、下の本を読みつつラズパイをちょこちょこいじっているのですが、初期設定でWi-Fiにつながらないという問題が発生したのでそのメモ。

Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門

Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門

環境

Raspberry Pi3
Ubuntu16.04
(2017年4月20日現在)

問題点

CUIにて

$ ip addr show

をしたときに、普通ならwlan0も表示されるはずなのですが、でてこない…( ;∀;)
しかも wlan0 : no such device とまで言われてしまう始末…( ;∀;)


解決方法

自動アップデートをすることでこの問題が生じてしまうよう…?
↓こちらのリンクを参考にしたら解決できました。
github.com






ずーっとwlan0が表示されなかったので、ラズパイ3なのに本当はラズパイ2なのではないかと疑ったりしてました(笑)
これでやっとラズパイをWi-Fiにつなぐことができて一安心…(^◇^)

ThinkPadのビープ音を消す方法

ThinkPadを閉じた時などのビープ音を消す方法です。
BIOS Setup Utilityを用いて音を消すので、OSがUbuntuの方でもできます。

環境

ThinkPad X201
OS Ubuntu16.04

(2017年4月6日現在)


ビープ音を消す方法

  • BIOSのセットアップ画面を開きます

  X201では、起動中に[F1]キーを押し続けることでBIOSのセットアップ画面にうつることができます。

  • 『Config』を選び、[ENTER]キーを押します
  • 矢印キーを使用して『Beep and Alarm』を選び、[ENTER]キーを押します
  • すべての項目を『Enabled』から『Disabled』に変更します

  変更するには[F5]キーと[F6]キーを使用します。

  • [F10]キーを押して、BIOSのセットアップを終了します

  終了すると通常の起動画面に戻ります。

OpenRTM-aistを使用したモジュール作成の準備(Windows10 64bit)

OpenRTM-aistとは
OpenRTM-aistとは? | OpenRTM-aist

Windowsでのインストール方法などについて書いていきます。
私は64bitのパソコンを使用しているのでそれについて書きますが、32bitのパソコンを使用している人は
32bit版のインストーラをダウンロードするようにしてください。

自分のパソコンが64bitか32bitか調べる方法はこちら(後日更新)

環境

OS Windows10
システム 64bit

(2017年4月4日現在)

語句の使い方

ダウンロード…ウェブ上から自分のパソコンにアプリケーションなどをパソコンにコピーする
インストール…ダウンロードしたアプリケーションを実行して、パソコン内で使えるようにする

ダウンロードするもの

RTミドルウェア強化月間2016 in 中央大学・RTミドルウェア講習会 | OpenRTM-aist
Visual Studio(2013または2015)
     2013:
     2015:https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=48146
python
・PyYAML
・CMake
Doxygen
などを上記リンクからダウンロードしてください

インストール

OpenRTM-aistを10分で始めよう! | OpenRTM-aist
初めに上記のリンク先を参考にpythonをインストールしてください
Pathを通す設定にするのを忘れないように

OpenRTM-aistを10分で始めよう! | OpenRTM-aist
上記のリンク先を参考にインストール

  • visual Studio2013または2015のインストール(すごく時間がかかる)

ダウンロードしたインストーラを開いてインストール
参考:
Visual Studio Community 2015インストール - インコのWindowsSDK